SDGs

持続可能な開発目標への取り組み

地球環境へのおもいやり

ホテル日航熊本は
持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

客室エコカードを設置

連泊のお客様へ洗剤排水等の削減を目指したエコカードを導入しております。
2連泊以上ご宿泊のお客様で、清掃時にリネン類(ベッドシーツ、ナイトウェア、タオル類)の交換を希望されないお客様は、お部屋に備え付けのエコカードをベッドの上へ置いてお出かけいただきます。

8~12階フロアの客室でポンプ式アメニティを採用

客室シャワー室に備え付けのシャンプー、コンディショナーおよびシャワージェルの小さな使い捨てボトルを廃止し、ポンプ式のボトルへと変更しております。 アメニティボトルはプラスチック廃棄物を削減し、ゲストが使いやすいポンプ式デザインです。

客室ネスプレッソコーヒーカプセルのリサイクルプログラムへの参画

使用済みのコーヒーカプセルは回収し、アルミニウムとコーヒー豆に分けられリサイクルされています。
アルミニウムはさまざまな品物へ、コーヒー豆は堆肥として再利用されています。

客室内スリッパはウォッシャブルスリッパを採用

客室にウォッシャブルのスリッパをご用意しております。
使用毎に洗浄、繰り返し使用が可能で、地球環境にもやさしいスリッパです。

4パイプファンコイルシステム

寒暖の差がはげしい熊本の気候を考え、お好みに応じて室内温度を設定できる各室個別の空調システムを全客室に採用しています。

3010運動

宴会場・懇親会利用の際、主催者様の協力を得て3010運動を推奨しています。
開始30分、終了30分は席を立たずにしっかり食べていただく「食べきりタイム」を喚起することにより、食品ロスの削減の推進に取り組んでいます。

レストランや宴会場で、エコ箸を採用

割り箸の使用量を減らし、ゴミの削減と森林資源の保全につながるエコ箸を採用しています。
ウエディングでは、披露宴をされたお客様にしか手に入らない、記念にもなるエコ箸を採用しています。

バイオマスプラスチックの製品を採用

ホテル直営レストラン・バーラウンジ・宴会場およびショップで取り扱うレジ袋、ストロー容器は、植物などに由来する、再生可能な有機性資源(バイオマス)を主原料とする製品を採用し、製品ライフリサイクルにおける温室効果ガス(CO2)の排出量削減を促進する環境保全に貢献しています。

減肥料・減農薬・無農薬の産物の活用

山都町の有機農業の歴史は昭和40年代から始まっています。
日本一の減農薬、減化学肥料などの特別栽培を行う地域です。
私たちは熊本県山都町の有機農業をとおして、お客様の心や身体が喜ぶ農産物を提供するとともに、地域社会、環境にやさしい農業の発展に貢献します。

Copyright© 2022 HOTEL NIKKO KUMAMOTO All rights reserved